ニアショア機構

 

エンジニア単価情報レポート
無料ダウンロード   [2016年版]

必須 会社名

必須 部署名

必須 お名前(姓)

必須 お名前(名)

必須 メールアドレス (フリーメールはご遠慮ください)

必須 電話番号 (ハイフンあり)

必須 都道府県

必須 業種をお選びください。(選択)

必須 部門職種をお選びください。(選択)

必須 役職をお選びください。(選択)

必須 地方システム会社様:直近で取り組みたい事項(複数可)



個人情報の取扱について】をご確認頂き、ご同意の上でご送信ください。



基幹・業務系エンジニア編



(概要)

ユーザー企業及び独立系システム開発会社にインタビューと数値分析を実施し、
2016年度版業務系・基幹系エンジニア単価をまとめました。


(2016年版の変更点)

今回は、新たに運用系カテゴリを新設し、14の役割とレベルを追加して、
これまで以上に幅広い領域の単価情報を提供しています。


(ポイント)

昨年までは、エンジニアの圧倒的不足の割にはの単価の上昇幅が少ないと
いう声が多くございましたが、2016年は総じて単価の上昇が見られます。

 




Copyright Nearshore Kikou. All Rights Reserved.